CENTURY SYSTEMSとの接続

本設定例では、VPCに作成したVPN Gatewayを、お客様拠点に設置したCENTURY SYSTEMSルーターとIPsec-VPNで接続します。

事前準備

ネットワークやIPアドレス等を事前に設計し、VPN Gatewayを購入します。

本設定例では、クラウド側のVPC (セグメント 192.168.0.0/24) とCENTURY SYSTEMSルーター側(セグメント 192.168.100.0/24) をRoute-basedで接続します。

本設定例について

Alibaba CloudのVPCとの接続を保証するものではありません。

2019年 8 月の仕様に基づいて記載しています。確認しているファームウェアは下記のとおりです。今後、サービス内容の変更や、仕様変更などによって接続できなくなる可能性があります。

本設定例でテスト済みのCENTURY SYSTEMSルーターは以下になります。

モデル バージョン
FutureNet NXR-G100 ver 6.20.0
FutureNet NXR-G240 ver 9.9.3

CENTURY SYSTEMSルーターに関する情報および設定方法については、CENTURY SYSTEMSルーターFutureNetサポートデスクまでお問い合わせください。

設定手順

ステップ 1:VPN Gateway の設定

  1. 対象VPCにVPN Gatewayとカスタマーゲートウェイを作成します。カスタマーゲートウェイの設定ではお客様拠点 ルーターのグローバルIPアドレスを使って設定します。

  2. IPsec ConnectionsよりVPN接続を作成します。

「名前」任意の識別名を入力します。 「VPN Gateway」作成したVPN Gateway名を選択します。 「カスタマーゲートウェイ」 作成したカスタマーゲートウェイを選択します。 「ローカルネットワーク」クラウド側ネットワーク (0.0.0.0/0) を入力します。 「リモートネットワーク」お客様拠点側ネットワーク ( 0.0.0.0/0 ) を入力します。 「今すぐ有効化」“はい”を選択します。 「高度な構成」有効にします。 「事前共有鍵」お客様拠点側ルーターと同一の任意の共有鍵を入力します。 「バージョン」ikev2を選択します。

「ヘルスチェック」 有効にします。 「宛先IP」お客様拠点側サブネット内の疎通可能な任意のIPアドレスを入力します。 「送信元IP」クラウド側サブネットの内で任意のIPアドレスを入力します。 「再試行間隔」任意の間隔を指定します。 「再試行回数」任意の回数を指定します。
「OK」ボタンを押します。

注意: そのほか項目についても運用方針に沿って指定いただけます。

  1. ルートの追加をします。

「宛先CIDRブロック」お客様拠点側セグメントを設定します。

「VPCに公開」“はい”を選択します。 img

「OK」ボタンを押します。

  1. IPsec Connectionsの画面より、VPN 接続が追加されることを確認します。 img

ステップ 2:CENTURY SYSTEMS ルーターの設定

CENTURY SYSTEMS ルーターにアクセスし以下の項目を設定します。

  1. ipsec local policy <ポリシーのIDの定義:1-65535>
  2. address ip
  3. !
  4. ipsec isakmp policy <ポリシーのIDの定義:1-65535>
  5. version 2
  6. authentication pre-share <*Alibaba Cloud VPN Gateway*と同一の任意の共有鍵>
  7. hash sha1
  8. encryption aes128
  9. group 2
  10. lifetime 86400
  11. isakmp-mode main
  12. remote address ip <*Alibaba Cloud VPN Gateway*のグローバルIPアドレス>
  13. local policy <*local*ポリシーのID>
  14. !
  15. ipsec tunnel policy <ポリシーのIDの定義:1-65535>
  16. set transform esp-aes128 esp-sha1-hmac
  17. set pfs group2
  18. set key-exchange isakmp <*isakmp*ポリシーのID>
  19. set sa lifetime 86400
  20. match address <ACL>
  1. interface Tunnel <Number>
  2. tunnel mode ipsec ipv4
  3. tunnel protection ipsec policy <*ipsec tunnel*ポリシーのID>
  1. ip route 192.168.0.0/24 tunnel <Number>

注意: ルーティング、ポリシー等の項目についても運用方針に沿ってCENTURY SYSTEMS側を設定する必要があります。ステップ1でVPN Gatewayのヘルスチェックを利用する場合は送信元IPからのICMPパケットをCENTURY SYSTEMS側で許可する必要があります。

ステップ 3:ステータス確認

CENTURY SYSTEMSルーターの設定が完了し、接続が成功すれば、接続ステータスが「成功」、ヘルスチェックステータスが「正常」に変わります。 img

ステップ4:接続のテスト

VPC内のECSインスタンスにログインし、拠点内のプライベートIPアドレスにpingを送信して、VPCと拠点側の通信が成功することを確認します。